ヒーローの最近のブログ記事

 一度では観きれない鉄板アクション

title100612_1.jpg

トニーーーー イズ バァッーーーーーク! ついに、あのホットでキュートでヒューモラスな我らがトニー・スタークが帰ってきました。しかも、前作よりもアクション・サイドキャラ10割増しで!

と盛り上がってみても、興味のわかないひとには全くピンとこない売りになってしまいそうですが、あきらめないで! いわゆる娯楽大作なので、準備を怠らなければ誰だって楽しめるエンターテイメントだから! とっつきにくい仮面に騙されちゃ損なんだからね!

ということで、今回もネタばれなしの詳細は以下から。

あなたのアメコミ魂(スピリット)が試されている

title090609_1.jpg さてさて、皆さんおまちかねの問題作『ザ・スピリット』ですよ。ちなみにキャッチコピーは、「巨匠フランク・ミラーが手がけた『シン・シティ』をさらに進化させた 映像革命!」的な感じになっていたと思いますが、「『シン・シティ』でもギリギリだったのにさらに進化したらそれはもはやセールスポイントじゃないんじゃ」と心配 しながら、代表して観てまいりましたよ。

「いやいや、これはかなり難解な方向に進んでる問題作って聞いたし、ちょっと要注意じゃない?」といぶかしんでるそこの君!全然難解じゃないんだからね☆ あれ、なんかツンデレ口調になっちゃったわ。てか本国だと2008年クリスマス公開なんだ。

ということで、まだ間に合う!劇場鑑賞ガイドは以下から。

ミザル キカザル カル=エル

title090304_1.jpgウォッチメン』の主人公たちがヒーローものの抱える自己矛盾に苦悩し、 『ダークナイト』のジョーカーがアメコミ映画の暗黙のルールをぶち壊しに来たとしても、彼だけには永遠にまっすぐでいて欲しい。そんな、オールドスクール・ ヒーローのカムバック一作目です。

「今更、メタ目線のないアメコミ映画とかダサくね?」とおっしゃらず、われらがブライアン(・シンガー、『ユージュアル・サスペクツ』)が、『X-MEN:ファイナル ディシジョン』を蹴ってまで臨んだ(そしてこけた)映画ですよ!ちゃんと顛末を見届けなくては!そんでもって、『ワルキューレ』へGO!

ということで、やっぱりネタばれなしの詳細は以下から。

アメコミ映画史に暗黒騎士降臨

title090223_2.jpg 「新よげんの書」によれば、2015 年に西暦は終わるそうですが、こちらの悪の帝王は一足早く2008年の8月にスクリーンに現れましました。去年(2009年現在)、あの『ミスト』よりも、『クローバーフィールド』よりも 多くの観客を座席から立ち上がれなくしたであろう映画『ダークナイト』。前作『バットマン ビギンズ』でゴッサム・デビューを果たしたバットマンことブルース・ウェイン青年と新たな宿敵ジョーカーとの戦いを描いたストーリーとなっています。

「あれ?アメコミ映画ってこんなだったっけ?」映画を観終わった後あなたは、しばしの沈黙の後、やっとのことでそうつぶやくことでしょう。アカデミー賞を受賞することとなった故ヒース・レジャーのジョーカーは本当に恐ろしいのです。

そんな最強のヴィラン対策の詳細は以下から。

執事萌え ビギンズ

title090223_1.jpg
2008年最も強烈だった映画、『ダークナイト』。その前作に当たるのがこの『バットマン ビギンズ』です。 公開当時は、『ラスト・サムライ』でアカデミー賞にノミネートされた渡辺謙が出演していることで話題になりました。 パダワン時代のブルース・ウェイン青年が、クワイ=ガン・ジンに鍛えられてバットマンに成長するまでの話を描いた映画です。 『テキサス・チェーンソー』は ビギニング、 バットマンはビギンズです。お間違えなく。

「『ダークナイト』? 話題になってたけど映画館で見そびれたし。そもそも『ビギンズ』観てねえから、連チャンで観よっかな」的な思いつきは 続出のことと思いますが、さてどんな感じでビギンズしてるのでしょうか?

詳細は以下から。

(時々目を塞ぎたくなるけど)「超爽快」映画!

title090206_1.jpg あのキング先生の傑作映画『ドリームキャッチャー』主演俳優トーマス・ジェーンがドクロ柄のTシャツを着て、『バトルフィールド・アース』なんて映画を作ったジョン・トラボルタ(増量してフミヤカット)を懲らしめる映画です。

「なんか、パッとしない感じの設定だし、そもそも仇討ものなんて暗くてやーね。」と思っていたアメコミ映画ファンはこの映画を観終わった後、人生の遺失物センターに立ち寄った気分になることでしょう。

お勧めポイントは枚挙にいとまがないのになぜかアメコミ映画ファン以外は誘いにくい、そんな詳細は以下から。

今世紀最強の「驚異の増えてる系」映画!

title090205_1.jpg
主人公は、われらがニックことニコラス・ケイジ。あの名作 『コン・エアー』でお馴染みの彼です。とにかくこの作品では このニックのナショナルトレジャーならぬ、プライベート・トレジャーが大変なことになってます。

まあ、ストーリーとしては、悪魔との呪われた契約を交わし燃え盛るドクロ暴走野郎に変身してしまった主人公は 契約を守り、呪いを解くことができるのか?!(このパターンで呪いが解けないことはまずないと思うんですが。)てな 感じのあらすじです。

そんなゴーストライダーの鑑賞時の 留意点と、他人を巻き込むための口説き文句は?続きは以下から。

このアーカイブについて このサイトについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちヒーローカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはヒロインです。

次のカテゴリはレビューです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

このサイトについてのお問い合わせはinfo@amecomi-eiga.comまでお願いします。