アイアンマン2 (2010)

| | コメント(0) | トラックバック(0)
 一度では観きれない鉄板アクション

title100612_1.jpg

トニーーーー イズ バァッーーーーーク! ついに、あのホットでキュートでヒューモラスな我らがトニー・スタークが帰ってきました。しかも、前作よりもアクション・サイドキャラ10割増しで!

と盛り上がってみても、興味のわかないひとには全くピンとこない売りになってしまいそうですが、あきらめないで! いわゆる娯楽大作なので、準備を怠らなければ誰だって楽しめるエンターテイメントだから! とっつきにくい仮面に騙されちゃ損なんだからね!

ということで、今回もネタばれなしの詳細は以下から。

要注意ポイント
(1)トニーがキュートすぎて鉄板
トニー・スターク(=アイアンマン)を演じるロバート・ダウニー・Jrといえば、最近では『シャーロック・ホームズ』などで日本でも知られていますが(たぶん)、まだまだその魅力が伝わってない気がします。

もちろん、彼の魅力を知ってもらうには、『アリー・マイ・ラブ』とか、『チャップリン』とか、『トロピック・サンダー』とかを観てもらいたいところですが、そんな手間かけなくてもOK!トニー・スタークという困ったチャンやんちゃ社長役の彼を観ながら、脳内で他の役者に置き換えて演じさせてみてください。

キュートということでは、トム・クルーズでもいいじゃんと思いきや、アイアンマンのマスクをカパッ! とあけたところから出てくるトムの顔は想像できないわ。最近月9で、憎めないやんちゃ社長役を熱演してるあのひともパカッ! てなったら、急に月10のコントになっちゃう。同じ社長被り物ヒーローでもクリスチャン・ベールはドンヨリ系だし...。

ほうら、やんちゃ金持ち天才社長と、パカッ! を演じてこんな憎めないキャラクターにできる俳優なんて中々いないんです。なのに、ロビーにかかれば、天才金持ちモテモテ社長なんてキャラが、完璧過ぎて逆に愛しく見えてくるくらいなんだものあら不思議! いや必然!

(2)ペッパーがやきもきしすぎて鉄板
アイアンマンのもうひとつの楽しみはなんといっても、困り顔ハリウッド代表、グイネス・パルトロウ演じるペッパー・ポッツのトニーとつかず離れず具合が韓流並のツンデレキャラですが、今回はよりいっそうドタバタに巻き込まれさらにその魅力が増しております。

さすがアメコミ映画界の『月の恋人』ですね。アクション映画というジャンルがピンとこない方はとりあえず、グイネスの気持ちになってトニーにやきもきする感じを楽しんでみてください!

(3)サイドキャラが豊富すぎて鉄板
今回の2では、「もうなんなの?」ってぐらいサイドキャラが出てきます。ミッキー・ロークが怪演するライバル役のウィップラッシュはもちろんロシア語訛りでイイ感じなのですが、ファン待望の二人目アイアンマン、ドン・チードルのウォーマシンや、登場時間が長すぎのサミュエル・L・ジャクソン、『ギャラクシー・クエスト』『銀河ヒッチハイクガイド』等、オタク向けSFファンにはドストライクのうさん臭い役が天下一品サム・ロックウェルなど情報過多なくらいのサイドキャラが登場します。

中でも活躍しすぎなのが、スカジョことスカーレット・ヨハンソン演じる、ブラック・ウィドーです。コマンド・サンボと、ルチャリブレを合わせたようなすさまじい格闘技で暴れまくり、マーシャルアーツファンをうならせるアクションを披露してくれています。人工衛星ヘッドシザースまでやってくれるのでお見逃しなく!

あ、あと、スタン・リーはもちろんですが、なぜかオラクルの社長とか、もはやカメオ出演とは言えないくらいずっと出てるジョン・ファブローとか、も登場するのでお見逃しなく。

ということで『アイアンマン2』は、(訳あって二回観ましたが、まだ観たりないのでこれからもう一回観てきますってぐらい)みどころてんこ盛り超ハイテンションアクションムービーとなっております。

あ、劇場版観て分かったけど、やっぱり今回も(『ハルク』『アイアンマン』同様)エンドロールの後まで席を立たないでくださいね! アベンジャーズ・ヒント映像ががっつり入ってるんで!(ちなみに『ザ・アベンジャーズ』は2011年公開予定で、『キャプテンアメリカ』は2011年、『ソー』は2010年、 『アイアンマン3』は2012年公開予定みたいですね。)

今回の口説き文句
(1)「そういえば、グイネス・パルトロウぽいよね?」
オシャレ女子には、間違っても「ACDCって聴いたことある?」とか言ってはいけません。金髪気味のキレイ目オシャレさんには、こう言ってみてください。

(2)「そういえば、スカーレット・ヨハンソンぽいよね?」
赤髪系あるいは、セクシイ系にはこっちで行きましょう。

(3)「主役応援しといたら絶対勝ってくれるよ!」
日本代表のW杯観戦でげんなりなあのコには勧善懲悪でフラストレーションを発散してもらいましょう。

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: アイアンマン2 (2010)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.amecomi-eiga.com/mt/mt-tb.cgi/35

コメントする

このブログ記事について このサイトについて

このページは、slingerが2010年6月12日 16:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ザ・スピリット(2009)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

このサイトについてのお問い合わせはinfo@amecomi-eiga.comまでお願いします。